導入を行って事業補助

介護士さん

介護事業をサポートする事を目的とした介護保険ソフトは、パソコンが普及し始めた頃には登場していました。介護サービスはサービスの差別化が難しい業種です。サービスの報酬は国保連の保険が大きく影響するため、オリジナルの商材を提供する事が難しいからです。 同業者とサービスで差が付けられないのであれば、業務効率を向上させる事で人件費を削減する事は当然と言えます。人件費の削減を目論んで普及したのが介護保険ソフトなのです。 介護保険ソフトは事業を助けるために役立ちますが、導入費用が高いという問題点があります。よって小規模の事業所への導入が遅れていました。しかしインストールするタイプではなく、ASPタイプが増えた事で状況が一変したのです。

ASPとはアプリケーションプロバイダサービスの略称です。従来のソフトウェアはパソコンにインストールして使っていました。しかし最近ではネットワーク回線を通じて、サーバーに置かれているソフトウェアを活用するサービスが現れ始めたのです。ウェブを通じてサービスを利用でき事が、ASPの最大の特徴になります。 ASPを使ったサービスは事業の規模によって、利用料金を変える事ができます。人の数によってサーバーにアクセスする頻度が変わるからです。よって小規模の介護事業所でもリーズナブルな価格が実現しました。 今後はASPを活用した介護保険ソフトが、ますます普及すると言われています。継続的に利用料金を徴収できるため、提供者側もASPに力を入れているからです。